« 創造主らによる地球大掃除が切迫している | トップページ | 創造主らによる地球大掃除が切迫した »

2016年6月 6日 (月)

英国のEU脱退決定、ドイツの脱退でEUとNATO、ユーロと米ドルも崩壊  世界金融恐慌から新地球革命へ

EUの金融センターDeutsche Bankの金融崩壊が起きている 
それは世界金融恐慌へ発展する 
 
2016.7.9
  米サイト"Before Its News", July 9, 2016によれば、EUの金融センターDeutsche Bankの金融崩壊が起きている。

http://beforeitsnews.com/economy/2016/07/chart-the-epic-collapse-of-deutsche-bank-2838867.html 
  創造主らからの知らせによれば、ドイツ銀行の金融破綻はEUの金融崩壊を起して、それが世界金融恐慌に発展する。邪悪で腐敗した資本制金権奴隷支配体制の世界的な崩壊が必至である。それは創造主らの天命と惑星発展法則に従って、万事無償奉仕の新地球社会への移行革命に向かう。
 


英国のEU脱退決定、ドイツの脱退で
EUとNATO、ユーロと米ドルも崩壊   
世界金融恐慌から新地球革命へ 
 
2016.6.25
  創造主らの宇宙ブロックス管理界の無数上級ランク指導・管理界にいる邪悪な保守反動根元と同8(地球担当者)らは、2016.6.23の12:30頃に創造主らによる解消措置で一掃された。そのあと、彼らの思凝霊団も12:50頃に一掃された。解消漏れで悪事を続ける若干の保守反動根元と同8ら、彼らの思凝霊団も、速やかに一掃される。
  そのあと英国でEU脱退が2016.6.23の22:00締切の国民投票で勝利した。英国のEU脱退決定の影響で、EUでは加盟国の国家主権制限と支配への反対から脱退気運が高まりつつある。創造主らからの知らせによればEUの中心国ドイツではメルケル政権がEU脱退の決定を発表する。ユーロもEUとNATOも崩壊する。
  同時に、75兆ドル以上の国家債務で国家財政が破綻していて、財政破綻した192都市が国連の管理下にある米国では、ユーロ崩壊と連動して遂にドル崩壊が起きる。
  それらで世界金融恐慌が起きる。資本制金権奴隷支配体制の崩壊危機が高まる。世界的に勤労人民の生存の脅威が前代未聞の規模に高まる。1億5000万人のライフル銃等の保有者が3億丁の銃を持っている米国では、オバマ政権の銃規制が挫折し、新内戦が起きて、米国内200ヵ所のネオナチ的なFEMA強制収容所が破壊され、新アメリカ人民革命が勝利する。
  それは、約2万の先進文明惑星から成る銀河連合が地球の行き先を示しているように、創造主らの天命と惑星発展法則に従って、万事無償奉仕の新社会へ移行する地球革命に発展する。新地球革命は勝利する。
  古来の地球侵略支配者トカゲ座のレプティリアン・ヒューマノイドら(4次元の全身鱗に覆われた爬虫類型ヒューマノイド) の変身者から成るイルミナティのロックフェラーらと各国支配層、彼らのボス:龍座ドラコニアンら(5次元の有翼二足歩行動物トビトカゲで英国首都ロンドン市の公式紋章) は、この地球革命を金権奴隷支配体制の改良主義形態だった旧ソ連型の国家資本主義体制に歪曲するため策動している。
  しかしそれは挫折する可能性が大で、挫折させなければならない。そうしないと、急速に地球へ接近中の地球の5倍大の惑星ニビル、別名第2太陽の破壊的影響で、地球は恐竜の絶滅時代以来の新破局に直面することになる(前記事参照)。
 
 

熊本連続大地震と大雨は米HAARPの犯罪だ
ユーロとドルが崩壊 世界金融恐慌が勃発する
地球革命へ 

2016.6.23
  熊本で2度の震度7等の連続大地震が続いていて、熊本県、大分県、宮崎県、長崎県等で67万5000人以上に避難勧告が出ている。非常事態だが、安倍自公政権は見るべき対策を殆ど何もやっていない。
  米歴代政権は、クリントン政権以来「日本はUSの最大の経済的ライバルで脅威である」との対外政治評価に立って反日隠蔽政策を実施してきた。アラスカ東南部に配備していた米気象改変・地震兵器HAARPは、1995.
1.17の神戸・淡路大地震と2011.3.11の東北大地震を起した。だがそれは、創造主らによって一掃、消滅されたあとオバマが再配備した。だが、そのあと2013.7.12に再度一掃・消滅された。補充生産と再配備が阻止されていたが、しかし、創造主らの宇宙ブロックス管理界の無数上級ランク指導・管理界にいる邪悪者らの妨害で、今度はオバマ政権が新HAARPを米北西部オレゴン州のクレーターレイク国立公園から北の地域へ再配備した。
  創造主らからの知らせによれば、米オバマ政権はその新HAARPを使って、今度は熊本大地震と連続地震を起こしている。熊本、大分、宮崎、長崎、山口その他の長い大雨は、このHAARPによって起こされている反日国際犯罪である。
  米日安保体制による対米従属は亡国への途である。沖縄始め日本の独立は米日安保体制の廃棄、在日米軍基地撤廃、侵略目的の在沖縄米海兵隊等の在日米軍撤退で初めて実現できる。
  他方、創造主らは地球にも万事無償で与えたが、古来の地球占領支配者トカゲ座のレプティリアン・ヒューマノイドら(4次元の全身鱗に覆われた爬虫類型ヒューマノイド) と彼らの変身者らから成るG20諸国支配者らを始め世界中の各国支配層、彼らのボスの龍座ドラコニアンら(5次元の有翼二足歩行動物トビトカゲで英国首都ロンドン市の公式エンブレム:紋章) が、邪悪で腐敗した資本制金権奴隷支配体制で地球人を金権奴隷と化し、金権奴隷生活に埋没させて悪事を続けている。
  そこで、創造主らによって地球の大掃除が断行される。今度の参院選で売国自民党は大敗北を喫することになる。英国の世論調査も示しているように、国民投票でEU脱退が勝利する。EU諸国では英国に続いてEU脱退へ向かい、EUとユーロは崩壊する。さらに米ドルが崩壊して、それらから世界金融恐慌が起きる。世界中で勤労人民の生存の脅威が前代未聞の規模に高まる。
  米国で新内戦が起きて、新アメリカ人民革命が勝利する。イルミナティの米独裁支配者ロックフェラー一派は、上記悪の宇宙勢力の指導・援助で、この新米国革命を資本制金権奴隷支配体制の枠内での改良主義体制だった旧ソ連の国家資本主義体制型に留めようと策動している。しかし新アメリカ人民革命の勝利が、万事無償奉仕社会への移行を目指す地球革命の始まりになる可能性もある。
  だが、目下は米国で悪の体制が続いている情勢で、創造主らによる地球大掃除が切迫している。新たな地球破局が、急速に地球へ接近している地球の5倍大の惑星ニビル、別名第2太陽による破壊的作用で起きる。富士山など40以上の火山が大噴火し、大地震と大津波が世界中で起きる。
  米国では火山灰が3m以上積もって、世界最大の帝国主義国USAは壊滅する。NY、Washington DC等の東部と西部カリフォルニアは海中へ沈没する。次いで英ブリテン島も海中へ沈没する。大陸との至近距離34kmのドーバー海峡で起きる100m以上の大津波で、EU諸国は壊滅する。日本では九州と東北の海中沈没から続いて、日本列島が沈没する。中国東部・南部も海中へ沈没する。朝鮮半島も沈没する。
  火山灰で世界中が暗闇化し、植物が枯死し、火山から出る致死性硫化水素が世界中に広がり、空気中の酸素が希薄化して恐竜絶滅以来の新地球破局になる。90%の地球人が早ければ1996年8月にも死滅に至る。  
  生き残った7億人は、創造主らの天命と惑星発展法則に従って、先進文明惑星から成る銀河連合の援助で、邪悪で腐敗した、犯罪多発の、戦争絶え間なき金権奴隷支配体制の暴虐支配:Tyrannyから解放された新地球社会を建設することになる。
  しかし、地球の悪の体制の温存を図る創造主らの宇宙ブロックス管理界の無数上級管理界での極く少数の邪悪者らが妨害行動に出る可能性もあることは遺憾千万で、これら邪悪者らの解消措置による解決が推進されている。だから、地球大掃除は不可避で切迫している。
 
 

米 Orlando 銃撃103人殺傷は、死体と出血跡の証拠がなく
でっち上げだったと米で暴露された

2016.6.18;更新:6.20
  Before it's Newsサイト (2016.6.17)が暴露した: the Orlando shooting is a hoax.: Orlandoの銃撃はでっち上げだと。現場に死体と血の証拠がない。証拠なしに103人を銃撃することは出来ないという。ベテランによれば、AR-15ライフルで103人を銃撃するには4回弾の再装填が必要で、5秒ずつで20秒かけて103人銃撃で殺傷することも疑問視されている。再装填の際に、弾が銃に入らなくて下へ落ちることもあって、20秒以上かかることもあると。
  これにはオバマ政権によるニセ旗作戦の疑いも指摘されている。つまりホワイトハウスを乗っ取っているイスラム同胞団に米市民の大量銃撃殺傷の犯罪を転嫁する作戦で、そのため1人のイスラム教徒が同性愛集会銃撃のため利用されたことになる。

http://beforeitsnews.com/survival/2016/06/no-blood-no-bodies-in-orlando-103-people-cant-be-shot-without-real-evidence-2623743.html 
  このOrlando銃撃事件は、ベトナム沖で米駆逐艦プエブロ号を自作自演攻撃して、北ベトナムの攻撃だとでっち上げてベトナム侵略戦争を始めたのと同様に、またロックフェラー一派独裁支配下の米国政権の邪悪な伝統になっている自作自演作戦だった米世界貿易センター倒壊事件、でっち上げ口実によるアフガン、イラクへの侵略戦争とも同様に、自作自演だったことになる。それが今回は国内に向けられて、没落過程にある体制危機への反撃を試みる作戦だったことになる。

  その後日本時間2016.6.20の発表で米サイトBefore It's Newsは「CIAは、ウィルス性[の凶悪者]になってオーランド銃撃をやった」と暴露した: CIA Did Orlando Shooting Going Viral. 
http://beforeitsnews.com/alternative/2016/06/report-saying-cia-did-orlando-shooting-going-viral-3371801.html 
  日本のマスコミでは、当初この事件での死亡が50人、負傷が53人と報道していたが、その後死亡が49人、負傷が53人(計102人)と訂正した。しかしその後に最新の上記米サイトで、死傷103人と発表している。    
 


米フロリダ州オーランドで起きた米史上最大の新テロ事件の意味と  今後の展望   
2016.6.14
  米フロリダ州オーランドで6.12未明(日本時間6.12午後)に起きたIS支持者による銃乱射事件で、49人が死亡し、53人が負傷した。ISは13日に犯行声明を出した。これは米国史上最大のテロ事件になったと言われている。
  創造主らからの知らせによれば、米国のホワイトハウス上層部を支配下においたイスラム同胞団とテロ組織ISは友好関係にある。今回のテロ事件は、最近ホワイトハウスを支配下においたイスラム同胞団に今後米国民が反抗すると、今回のテロ事件を拡大した規模の事件が各地で起きるぞという、イスラム同胞団による脅しになった。そのために起こした事件だったと。
  従ってこれは明らかに、米支配層とイスラム同胞団の新戦争の始まりになったと言える。それは、米国での新内戦勃発の加速作用を及ぼす。近く米新内戦が勃発して全国に波及し、アメリカ新人民革命が勝利する。
  そうなると、米新革命政権とイスラム同胞団の間に和解が成立する。その上イスラム勢力は、創造主らによる革命的規制でコーランの金権奴隷支配体制温存路線を乗り越えて、米革命勢力と共に、創造主らの天命と惑星発展法則に従って、万事無償奉仕社会への移行を目指して政治的、社会的に質的に発展することになる。アメリカ新人民革命の勝利は新地球革命の始まりになる。
  しかしアメリカ社会がロックフェラー一派の策動で、万事を無償で与えた創造主らの天命と宇宙発展法則に背いて敵対して、旧ソ連の社会主義が実証したような国家資本主義という資本制金権奴隷支配体制の枠内での改良主義に留まると、創造主らによる地球大掃除で地球破滅の途へ直進することになる。それは、地球の5倍大の惑星ニビル、別名第2太陽の急速な地球接近が示している。時間が切迫している。
 

イスラムの支配進行でアメリカの体制変質が進行中だ
イスラム自体も今後変革され 万事無償奉仕社会へ

2016.6.5
  米オバマ政府、ホワイトハウス、国土安全保障局等はイスラム同胞団の支配下に移行している。
  米サイト"Before Its News", 2016.6.4が暴露した:
Muslim Radicals Are Taking Over the White House
http://beforeitsnews.com/conspiracy-theories/2016/06/muslim-radicals-are-taking-over-the-white-house-2475666.html    
  しかし、創造主らからの知らせ(2016.6.5) によれば、イスラム同胞団自体の現総路線は、コーランに従って邪悪な金権奴隷支配体制の枠内に留まっているが、今後創造主らによる創造的規制で変化が起きて、万事無償奉仕社会への移行を目指すことになると。
  そうなったら、SPGBとCPGB: 英国社会党と共産党が貨幣制度廃止の戦略目標の実現を目指している英連邦でも、勤労者らが"Abolish Money!"の横断幕でデモを挙行した先進的快挙の戦略目標実現へ向かって、貨幣制度廃止、万事無償奉仕社会への移行を目指すことになると。
  また対米従属国で、国際的大勢順応主義の日本でも、自公政権後の政権の総路線が変更を余儀なくされて、万事無償奉仕社会への移行を目指すことになると。
  日本では、悪名高い新自由主義の強行実施で、大企業は勤労大衆への搾取と収奪の拡大・深化で3000兆円の内部留保を抱え込んでいる。他方では、社会的格差拡大、勤労人民の貧困拡大・深化の加速度的進行で、若者らは結婚して住宅を建てて子供を育てることが極めて困難になっている。少子・高齢化が加速されて、人口減が起きていて、日本社会が末端から崩壊しつつある。大企業での僅かな賃上げ、同一労働同一賃金の実施策、10%への消費税引上げ延期等の目先の弥縫策では、そうした社会的内部矛盾の激化と社会崩壊を解決できない。金権奴隷支配体制温存を目指す悪名高い所謂「アベノミックス」は破綻している。
  最近NHKは、フィンランド、スイス等の西欧諸国でのベーシックインカムの導入への動きを報道した。日本でも、ベーシックインカムの導入は万事無償奉仕社会への移行の突破口になりうる。またそうしなければならない。

« 創造主らによる地球大掃除が切迫している | トップページ | 創造主らによる地球大掃除が切迫した »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2059112/65864764

この記事へのトラックバック一覧です: 英国のEU脱退決定、ドイツの脱退でEUとNATO、ユーロと米ドルも崩壊  世界金融恐慌から新地球革命へ :

« 創造主らによる地球大掃除が切迫している | トップページ | 創造主らによる地球大掃除が切迫した »

フォト
無料ブログはココログ